新型switchの有機ELモデルと従来のモデル、どこが変わったのか比較レビューしてみた!!

アイキャッチ ゲーム
この記事は約6分で読めます。

新しく出たSwitchが欲しいんだけど何が変わったの?

 

もうすでにSwitchを持っているけど買い替えたほうがいいのかな?

 

最近になって在庫が安定してきたこともあり、新型Switchの有機ELモデルの購入を検討される方もいらっしゃるかと思います。

ですが、こんな感じで悩んでいる方もとても多いのではないでしょうか?

 

アイコン

僕も買うときに、従来モデルの方にするか有機ELモデルにするかですごく悩みましたw

 

そこで今回の記事では

  • 有機ELモデルは、従来のモデルと比べてどこが違うのか?
  • 従来のモデルをもっている方でどんな方が買い替えるべきなのか?

について有機ELモデルのレビューとともに書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします!

 

 

スポンサーリンク

 

有機ELモデルのレビューと従来モデルから変わった部分について

まず値段からですが従来のモデルが税込み32,978円で有機ELモデルが税込み37,980円です。

ちなみにSwitch Liteは税込み21,978円となっています。

 

箱の外観はこんな感じで、従来モデルの横長の箱とは違い縦長になっています。

箱の写真

 

箱を開けてみるとこんな感じで本体とジョイコンがiPhone方式で一番初めに出てきます。

箱を開けた写真1

 

本体とジョイコンの下にこのように付属品が入っています。

箱を開けた写真2

 

付属品を並べてみるとこんな感じで入っているものとしては変わっていませんが、細かく仕様が異なっています。

付属品を並べた写真1

付属品を並べた写真2

 

 

まず一番変わった本体からですがサイズは有機ELモデルの方が横幅3mmほど長くなり、重さは従来のモデルが約398g、有機ELモデルが約420gとなっていて重たくなりました。

そして本体容量は32GBから64GBに倍増となっています。

(上の方が有機ELモデルです)

本体を並べた写真

 

アイコン

従来モデルの方は弟によるハードな調教によって、過酷な環境で4年も使われてきたのでボロボロになってますw

 

画面サイズは従来モデルの6.2インチから7インチに変わっており、わずか0.8インチの差ですが実際に見てみると全然印象が違います。そして名前の通りディスプレイも従来の液晶から有機ELというものに変わっており、黒の表現がより引き締まり発色が色鮮やかになりました。

(なぜが写真で見ると有機ELの方が画質が悪そうに見えますが、実際はそんなことないです)

画面比較の写真

 

他にも画面については樹脂からガラスに変わったことによりガラスが飛び散らないよう薄いフィルムが貼られていたり、従来モデルにはあったタッチパネルと画面の隙間がなくなったりと細かいところが変わっています。

飛散防止フィルムと画面の隙間部分の写真

 

そして、一番強化されたであろうスタンドですが有機ELモデルでは従来モデルの一段階しか調整できなかったものから、無段階でなめらかな調整ができるSurfaceのようなものに変更されていて、それに伴いMicroSDカードを差し込む場所も変わっています。あと本体下部には2つ、滑り止めのためかゴムがつきました。

(シリアルコードのところにモザイクをかけています)

スタンドの写真

ゴムの写真

 

他にもスピーカーが開放型から密閉型に変更され音質が良くなったり、ジョイコンレールが変わりガタつきが少なくなったり、電源と音量ボタンが横に伸びて押しやすくなったりとさまざまな部分が改良されています。

 

 

次に付属品で変わったところですが、まず一番に変更点が多かったドックでは全体的にデザインが変わりロゴの部分やテレビに繋いでいる時のランプの部分などが変わったのと、背面のコードを隠すフタが着脱可能となり従来モデルの方のドックについていた背面のUSB端子が有線LANポートに変更されています。

コードを隠すフタとドックの背面の写真

ドックの背面の端子の写真

 

一見同じに見えるHDMIケーブルも変わっていて、今まで少し曲げづらく硬かったコードがしなやかになり規格も従来モデルのHDMI 1.4からHDMI 2.0となりました。

HDMI曲げているGIF

 

アイコン

まぁ規格が新しくなったからといっても、Switchで使う上では何も変わらないですが、、、w

 

他にはジョイコングリップのロゴが印刷ではなく凹凸に変わっていたり、ジョイコンストラップの紐が白と黒のストライプ模様?に変わったりしています。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

今回はswitchの有機ELモデルのレビューと、従来モデルとの比較をさせていただきました。

有機ELモデルは携帯ゲーム機としての側面の強化版みたいなものだと思うので、個人的に有機ELモデルはすでに従来のモデルを持っていてほとんどテレビでしか遊ばない方にはそんなに必要性はないんじゃないかなと思いました。

ですが、逆にまだswitchをもっていない方や、従来のモデルを持っているけど携帯モードやテーブルモードでの体験を良くしたい方、そしてバッテリー持ちが悪くなったなどの理由で買い替えを検討されている方などは、有機ELモデルは選択肢としてありだと思うので気になった方は下に任天堂公式ページのリンクとAmazonの販売ページのリンクを貼っておくので覗いて見てください!

 

Nintendo Switch(有機ELモデル)|任天堂
Nintendo Switch(有機ELモデル)の公式サイトです。いつでも、どこでも、だれとでも、有機ELモデルならではの色鮮やかな画面でゲームを楽しむことができます。

 

Nintendo Switch(有機ELモデル) Joy-Con(L)/(R) ホワイト
Nintendo Switch(有機ELモデル) Joy-Con(L)/(R) ホワイト

 

最後にですがswitchは現在でも時々値段が吊り上がったりするので購入する際は気を付けてくださいね!!

この記事が皆さんにとって有益なものとなっていたら幸いです!

 

 

 

それでは

(o・・o)/~マタネェ

コメント(必須)

Translate »
タイトルとURLをコピーしました